善玉菌を増やす発酵食品とオリゴ糖

腸内環境を整えるのに必要不可欠が善玉菌。これを増やす努力をしていますか?でないと、おならが臭くなることもあります。

 

突然ですが、1日で放屁するおならの量は、どの位か知っていますか?個人差がありますが、最低500ccで、最高2000ccのおならが出ます。
腸内には善玉菌と悪玉菌があり、どちらの菌が優劣をつけるかによって、おならのニオイが変わってきます!

 

身体によいのは腸内ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌で、悪いのが大腸菌やブドウ球菌、ウェルシュ菌といった悪玉菌。この悪玉菌が増殖し優勢だと、おならのニオイがひどくなります。

 

なぜなら、悪玉菌は腸内に残った食べカスのタンパク質やアミノ酸を腐敗・分解させてアンモニアなどの有害物質を作り出すからです。

 

ここでは、善玉菌を増やすための発酵食品とオリゴ糖についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

腸内の善玉菌は元気?

腸年齢と言う言葉があり、肌と同様、加齢とともに腸自体も老化することがあります。今の腸年齢を把握しておくことで、現在の食生活について改めて考え直すきっかけになると思います。

 

実は、現代人は実年齢よりも腸年齢が高い人が増加傾向にあるようです。
欧米食生活の影響が大きいと言われ、例えば、野菜ではなく肉ばかり食べている人の腸内は悪玉菌が増殖しやすいと言われています。

 

善玉菌を増やすことを意識しないと、腸内が腐敗し、悪玉菌が発がん物質などの有害物質を作り出してしまいます。
この腐敗した有害物質が原因でおならが臭くなります。

 

普段の食生活と腸年齢とのつながりが深く、偏食ばかりだと腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまうこともあります。
腸年齢を一度やってみて分かると思いますが、年齢によって変化する腸内細菌の種類やバランスをチェックできますよ。

 

あなたの腸年齢は老けてる?それとも若い?

 

チェックした結果が、老化の度合いや生活習慣病へのかかりやすさの目安にもなりますし、また、普段のライフスタイルを見直す絶好のチャンスになると思います。
腸年齢が老けているとわかったら、今日から善玉菌を増やすことを意識しましょう。

 

 

善玉菌を元気にするオリゴ糖

最近、便秘に悩む女性の方々がネット通販でオリゴ糖を注文することが多いですね。確かにオリゴ糖が便秘に良いようです。
というのは、乳酸菌やビフィズス菌の大好物である「オリゴ糖」を摂り入れることで善玉菌がイキイキします。

 

元気いっぱいの善玉菌が、カラダに害を与える悪玉菌の増殖を抑えてくれるという重要な働きがあります。
善玉菌が悪玉菌よりも多ければ、周知の通り、腸内環境が整えられて便秘がスッキリします。

 

オリゴ糖の凄いところは、腸内にしっかりと届くことです。
なぜなら腸内にオリゴ糖を分解する酵素がなく、ほとんど消化吸収されることはないから腸内に達することができるんですね。
腸内に行き届いたオリゴ糖は善玉菌のエサとなり、腸の働きが活発にしてくれます。

 

ただオリゴ糖は市販でも売っていますが、できることなら純度の高いオリゴ糖がオススメです。
というのは、市販のオリゴ糖を口に入れても腸に届く前にほとんどが死滅してしまうことが多いでのです。
純度の高いオリゴ糖であれば、途中で胃液などの影響を受けにくく、腸までしっかりと届くことができます。その結果、ビフィズス菌などの善玉菌を増やして元気を与えることができます。

 

ところで、便の理想の色は何色かご存知ですか?
実は、黄色に近い色が理想なのです。
善玉菌が優勢であれば、腸内は弱酸性に保たれて便が黄色に近い色になります。
肉類ばかりの食事中心の場合、悪玉菌が優勢で腸内はアルカリ性になりますから、便は茶褐色から黒褐色になります。

 

だから、オリゴ糖によって弱酸性へと変わり、アルカリ性環境を好む悪玉菌を追い出そうとする働きがあるんですね。
オリゴ糖のカロリーは砂糖に比較すると非常に低いので、カロリーのことを気にせずに摂取できるので、ダイエット中の人にはオススメです。

 

 

善玉菌を増やす食品

善玉菌を増やすのには、善玉菌含む食品を揃えることです。

 

善玉菌含む食品には、次の3つがあります。

乳酸菌を含む食品
オリゴ糖を含む食品
食物繊維を含む食品

 

何とか悪玉菌を腸内から追い出したいモノですよね?まずは腸内環境を改善させることが大事です。
腸内環境を整えるためには、肉類に偏った食事にするのではなく食物繊維が豊富な野菜をバランスよく多く取り入れることです。

 

善玉菌の含まれている食品も揃えることを忘れずにしたいですね。

 

ところで、キムチを食べていますか?実は、キムチが一番乳酸菌が多く含まれているのです。
キムチに含まれるラクトバチルスという乳酸菌があるのですが、これが腸内環境の働きを整え、発がん物質を減らす作用を持っています。

 

キムチを食べるなら、賞味期限ギリギリまで待ちましょう。そうすることで十分に発酵し、ビタミンB1,B2の量が増えてきます。

 

善玉菌を増やす食品を摂り入れるのなら、就寝前の1時間に遅い晩飯を摂らないように気を付けてください。就寝前の食事は消化が悪いからです。
未消化のままですと、栄養分を含んだ食べ物は悪玉菌の格好のエサとなるんですね。ですので、就寝前は可能な限り3時間は口にしないように注意しましょう!

 

 

ヨーグルトは夜がよい?

善玉菌と言えば、ヨーグルトが一番思いつくと思いますが、ヨーグルトを食べるのは朝?それとも夜ですか?
最近、ナイトヨーグルトという言葉があるように就寝前にヨーグルトを食べる人が多いようです。

 

実は、朝よりも夜にヨーグルトを食べたほうが、より効果的だと言われています。
それは就寝中に乳酸菌が増えて腸内環境を整えてくれ、腸内細菌のバランスが改善されるので朝起きた時の便通をスムーズにしてくれます。

 

驚くことに、乳酸菌は口中の悪玉菌の増殖を抑える働きがあるのも知っていましたか?
ヨーグルトには、虫歯の原因となるミュータンス菌や歯周病を引き起こすジンジバリス菌という悪玉菌の増殖を抑えて殺菌してくれる働きがあるのです!

 

 

善玉菌を増やすサプリメント

もっと手軽に善玉菌を増やす方法があります。それはサプリメントです。
もし便秘や下痢、臭いおならが続くようなら、もしかしたら悪玉菌が善玉菌とりも優勢に働いているかもしれません。

 

そんな時は、いつでも手軽に摂れる、「乳酸菌」のサプリメントがオススメです。
乳酸菌と言えば、ヨーグルトや乳酸菌飲料ですが、なかには嫌いな乳酸菌の飲食品があるかもしれません。ただ口に入れて飲むだけと言う乳酸菌サプリメントなら、味を感じなくて済みます。

 

乳酸菌の役割

乳酸菌の役割には、次の3つがあります。

腸のぜん動運動を促す。
善玉菌を増やす。
悪玉菌を抑えて腸内環境を整える。

 

偏った食生活や栄養不足が続くと、便秘や下痢になりがちになることもありますので、乳酸菌サプリメントで補い、普段から腸内の調子を整えましょう。
ちなみに乳酸菌サプリメントは、食物繊維の食品と共に摂ると、善玉菌がより元気になってくれます。

 

スポンサーリンク