腸内洗浄で病気の予防に?

腸内洗浄は、大腸がんや腸の病気の予防になると言われています。なぜ、予防になるのでしょうか?

 

腸内洗浄の目的は、宿便や老廃物を排出し、さらに悪玉菌や毒素といった腸内にあるものを最先端の機器で排出することです。

 

私たちの腸内には、善玉菌と悪玉菌という腸内細菌が存在しています。
腸内細菌は主に消化を助ける働きをしていますが、健康に役立つ働きをしているのは腸内ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌。

 

スポンサーリンク

 

逆に、健康に害をもたらすのが大腸菌やブドウ球菌、ウェルシュ菌といった悪玉菌。
やっかいなのは悪玉菌であり、腸内に残った食べカスのタンパク質やアミノ酸を腐敗・分解させてアンモニアなどの有害物質を作りだし下痢や腸炎を誘発するからです。

 

健康な時は、善玉菌が優勢でバランスを保っていられますが、便秘や胃腸の調子が悪い時に悪玉菌が増えてくると、さまざまな症状を引き起こしたり老化を促進する原因にもなります。
つまり、ストレスなどが原因で、善玉菌が劣勢となり悪玉菌が増殖して活躍します。
そうなると、悪玉菌の数がどんどん増えていき、腸内環境が悪くなり便秘や下痢など引き起こすようになります。

 

腸内では、悪玉菌の毒でアルカリ性となりますから、女性の天敵である肌荒れになってしまったり、このまま放っておくと、さまざまな生活習慣病を引き起こす原因となります。

 

したがって、腸内洗浄によって腸内をキレイにすることは、大腸がんや腸の病気を引き起こす悪玉菌を排出できるのです。

 

スポンサーリンク