いよいよ!腸内洗浄を。

腸内洗浄,体験

さあ、いよいよ腸内洗浄を受けることになりました。
検査着のような衣類を着て、ベッドに横たわります。

 

クリニックによっては、カウンセリングを受けた日とは違う日に腸内洗浄を行う場合は、血圧測定などのバイタルを体調の目安として測る場合があります。

 

スポンサーリンク

 

最初は、仰向けでお腹の上に温かいタオルを乗せてマッサージをして腸の動きを活発にしたりします。
場合によっては、問診やカウンセリングだけでは分からなかった自分の腸の状態を触診で調べてもらうこともあります。

 

準備が整ったら、ベッドの上で横向きなって腸内洗浄の専用の挿入管を直腸から挿入します。

 

痛いかな?」と心配になる人も多いと思いますが、ワセリンを塗りますから挿入する時に痛みを感じないようになっています。

 

もちろん挿入する管は使い捨てですので、衛生面に関しても心配する必要はありません。

 

気持ちを楽にすることが大切です!逆に、緊張などで力を入れたりすると痛くなることもあります。

 

挿入するのにそれほど時間はかかりませんので、リラックスしておけば「あっ」とう間です。

 

挿入管を入れたら、今度は37℃ほどの温かい水を大腸に流し込んでいきます。
同時に腹部のマッサージを行いますが、それは腸内洗浄の効果をより高めていくためのケアなんですね。

 

腸内洗浄は、大腸全体にお湯を溜めます。
そして、腸壁などにこびりついた宿便などをはがして温水とともに排出する、ということを何回か繰り返します。

 

あたかも腸内をキレイに掃除してくれているような感じがします♪

 

 

これが腸内洗浄か!?

腸内洗浄という方法は、「大腸を温水で満たす、そして排出するという方法を40分間」繰り返して行います。
40分前後が長く感じるかもしれませんが、リラックスすれば時間なんて気にしなくなります。

 

もちろん痛みはあまり心配する必要はありません。

 

ここで気になるのは、ニオイはどうなるの?
これも心配なんて無用です。

 

気になるニオイは専用のホースで自然に流れていくので周囲に気付かれる心配は無用です!

 

施術中に、隣にある機械やホースなどで自分のお腹から出た排出物をこの目で確認できます。
自分の目で確認できますので、これで腸内洗浄の効果を実感できるでしょう。

 

排出物は何も便だけでなく、ガスも大量にあったりします。
これはお腹がいつも張っている感じがする人に見られたり、食べ物をよく噛まないで飲み込む人にもガスが溜まったりします。

 

女性は、男性のようにゲップをしないので腸にガスを溜め込む習慣がありますよね?

 

さて何回か排出と注入を繰り返したら、これで腸内洗浄が無事に終了しました。
腸内洗浄の後は、クリニックによって異なりますが、腸内洗浄の効果を高めるために何かしてくれる場合もあります。

 

例えば、プラセンタやビタミンがたっぷり配合された注射や、ビフィズス菌の粉末を飲んで腸内に善玉菌を増やすなどです。
これで、あなたの腸は元気になってココロもカラダもリフレッシュできるはずでしょう♪

 

スポンサーリンク