マッサージ方法は?

コーヒーエネマの効果を発揮する、最後の締めの作業であるマッサージ
おなかを優しくマッサージすること、よりコーヒーエネマの効果を発揮させるには、おなかをマッサージすることが重要なポイントです。

 

マッサージは、排便を促すためにコーヒー液を大腸へと注入した後に行います。

 

ですが、普段から気がついた時やちょっとした時間の合間にマッサージをする。
それだけでも、腸が刺激されてコーヒーエネマの効果がより上がるのです。

 

特に、次のような腸が少し弱っていると気になっている方にはオススメです。

便秘気味である。
下痢をしやすい。

 

マッサージは、腸の細菌を活性化をする作用があります。
活性化された腸内菌は、ちょっとサボっていた腸内の清掃作業を通常営業し始めます。

 

そんなコーヒーエネマの効果が引き出すマッサージはどんなものでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

マッサージ方法は?

マッサージは、両手もしくは利き手でゆっくりとなぞるように腸をマッサージしていきます。
円を描くように時計回りに押していきましょう。

 

 

特に、左側の下部分は気持ち強めに押すと老廃物が排出されやすくなります。

 

 

時間は2〜3分くらい続けます。腸が動かされて、コーヒーエネマの効果を助けてくれるでしょう。

 

 

次に、腹式呼吸をします。
これは、腹筋が鍛えられるため便秘解消に役立ちます。
腹筋があれば自力で腹圧をかけて便を排出する力がつきます。

 

 

また、余分な力も抜ける、優れた呼吸法なんですね。

 

 

腹式呼吸の方法は?

@お腹に空気をたくさん入れるように吸います。
吸う時、ゆっくりと鼻から空気を吸いましょう。

 

A吸い込んだ空気を吐きます。
吐く時は、お腹のが凹むくらいになるように全部口から吐き出しましょう。
※@とAを1セットとして5セット行います。

 

間違いやすいのは、腹式呼吸法はコーヒーエネマをしていない時に行ってくださいね。
コーヒーエネマ中は、マッサージのみを行ってください。

 

途中で便意が出てきたら、我慢をしないでマッサージを終わらせトイレに向かいましょう♪
トイレの後に、お茶やジュースなど水分を補給することも忘れずに♪

 

このような点を気をつけながら、コーヒーエネマでカラダもココロもスッキリしていきたいものですね。

 

スポンサーリンク