カラダの具合は?

コーヒーエネマの効果に期待して、まず始めに見落としてしまうことがあります。それは、自分はコーヒーエネマをしてもいいカラダかどうか?という点です。
コーヒーエネマを始める前に、こんなカラダの具合に当てはまる方はいませんか?

 

貧血または貧血気味である。
下痢気味である。
血液の混じった粘液状の便が出る。
出血を伴う重度の痔の症状がある。

 

このような体調に思い当たる方は、始める前に医師にしっかりと大腸などの診察を受けましょう。

 

スポンサーリンク

 

コーヒーエネマの効果に期待を集める気持ちは、伝わってきますから。
何らかの疾患からという場合も考えられますので。

 

初期の妊婦である。
10歳以下の子供に行わせたい。
健康面で心配なことがある。

 

このような方も医師との相談の上、コーヒーエネマを行うかを決めていきましょう。
特に、妊婦や子供の場合は勝手に行うと危険を伴いますので気をつけてくださいね。

 

 

コーヒーエネマの効果を引き出すための使用中に気をつける点は、次の3点です。

 

注入後に我慢しないで排出すること。

 

3分以上大腸の中に溜めておくと、気持よく排出しづらくなることがあるようです。
コーヒー溶液を注入したら、無理に溜めずにスカッと出してしまいましょう。

 

 

コーヒー液を注入する器具は清潔を保つようにする。

 

カラダにコーヒー液を注入する袋は、特に清潔に保つことが大切です。
使い捨ててはありませんので、清潔に保てば1年くらいは再利用できる器具です。

 

 

痔がある場合は、しっかりしたケアを。

 

痔を持つ方は、コーヒーエネマの後に肛門を石鹸などで優しく洗いましょう。
洗浄後、少しだけメンソレータムなどのワセリンが含まれている薬を肛門に塗ると保護してくれます。

 

 

健康との深いつながりのあるデトックス法です。
あなただけのキレイを保ちながら、コーヒーエネマの効果を実感できるようにしましょう♪

 

スポンサーリンク