コーヒーエネマと食事の関係

デトックスでカラダの中からキレイを目指す、コーヒーエネマによる腸内洗浄の効果をより高めるには、いろいろと気にかけることがあります。
その中の1つ、食事
食事は、コーヒーエネマをする点で重要性の高いものの1つとなっています。

 

このデトックス法を日本で広めている胃腸のエキスパートである新谷弘実先生は、

 

食事や栄養のバランスや取り方1つで健康に大きく左右する。

 

…と話されています。

 

ですから、食事に気を遣いながら行うことで、コーヒーエネマの効果で体調も良くなるのです。

 

スポンサーリンク

 

コーヒーエネマの効果を引き出す11つの食べ方

コーヒーエネマの効果を十分に引き出す食事の食べ方は、全部で11項目あります。

 

1.朝1番にコップ2杯のお湯を飲みましょう。

朝起きた時に胃や腸はまだ寝ています。胃腸を目覚めさせてあげましょう。
お水でもいいですが、より負担の軽いお湯をオススメです。

 

2.和食中心の食事に変えましょう。
3.繊維質の多い野菜や海藻類から食べましょう。
4.生野菜や果物をアパタイザーにして、できるなら食前20〜30分に食べましょう。
5.生野菜だけではなく、温野菜もバランス良く食べましょう。

 

2〜5は、繊維質の多い食品をとり腸内をキレイに保つことを目指しています。
野菜には消化酵素が含まれている食品も多いので、内臓にかかる負担を減らしてくれます。

 

6.油分の多い食品は遠慮してください。
7.お肉派よりお魚派に乗り換えましょう。
8.揚げ物やチョコレートなどの甘いものを食べすぎず、ストレスを溜めない程度にちょこっとにしておきましょう。

 

6〜8は、油分の多い食品は腸内で悪玉菌を増やす要素の1つになっています。
コーヒーエネマでキレイになった腸を維持するには、我慢しすぎない程度に控えることがコーヒーエネマの効果が実感できるでしょう。

 

9.お米や野菜は無農薬のものを選び、お米も白米より玄米をオススメ!
10.卵は有機卵を選びましょう。混ざりモノを食べていないニワトリの卵がいいです。

 

9〜10は、農薬や添加物が含まれている食品は肝臓や腸を傷つけてしまうと言われています。
内臓に優しい食事を心がけるのが大切です♪

 

11.乳製品はなるべく食べないようにしましょう。

乳製品は、高タンパク質食品で悪玉菌の大好物です。
悪玉菌が腸内環境を悪くしてしまい、コーヒーエネマの効果が落ちてしまいますので、注意が必要です。

 

コーヒーエネマは、大腸内にある老廃物を排出して腸を活気づける方法です。
有害物質や農薬を使っている食品を食べていると、元気な腸に戻りません。
思うようなコーヒーエネマの効果が実感できないこともありますから。

 

11項目を、1度にするのはとても大変ですが、出来ることを少しずつ増やして生活習慣も改善していきましょうね♪

 

スポンサーリンク