腸内洗浄の方法は?

腸内洗浄,効果,副作用,便秘

腸内洗浄という言葉が、最近普及するようになってきましたね。
体の中で、大切ではない部分なんてありませんが、特に腸は胃と同様に毎日酷使しているため健康のバロメーターであると言われています。

 

腸の働きが何らかの原因によって低下すると、便通が悪くなったり全身の新陳代謝も悪くなったりと、さまざまな症状が現れます。
便秘だけでなく、女性の肌の大敵である肌荒れや肩こり、頭痛まで腸の働きと関係があると言われています。

 

そこで、腸内をキレイにする腸内洗浄

 

ここでは、腸内洗浄を行う方法とは何かを説明しています。

 

スポンサーリンク

 

腸内洗浄は怖い?

腸内洗浄という言葉を聞くと、「?」と病気の治療法みたいで少し抵抗を感じるかもしれませんが、外科手術ではありません。
腸内洗浄は、日本で流行する前にハリウッドのスターやモデルなどの有名人も行っていたということで、便秘に悩む女性の間では非常に話題になりました。

 

でも外科手術や検査のようなものではなく、信頼できるクリニックで正しい診断を受けてから腸内洗浄を行えば、決して危険なものではありません。
とはいうものの、腸内を直接洗浄腸するわけですから、腸に少しでも傷ついたらどうなるのかと不安が募ります。

 

腸内洗浄の方法は、まず大腸に殺菌した蒸留水を少しずつ注入していき、そして直腸から盲腸まで大腸全体を洗浄していきます。

 

注入した温水が腸全体を流れて、宿便老廃物とともに管を伝って外に排出されれば腸内洗浄の終了です。

 

つまり、温水で腸内を洗い流すだけです!温水はだいたい体温と同じぐらいと考えていいのですが、28℃〜40℃ほどの温度を調整しながら行うクリニックもあります。

 

腸内に温水を満たしていくと、「何だか、温かいな〜。」という感じになるかもしれません。場合によっては便意を催すことがあるかもしれませんが、セラピーの途中でもトイレに行くことは可能です。

 

それから排水に変わります。これは水圧の力で腸壁にこびりついたり、溜まっているガスなどを一気に排出していくのです。

 

そして、注入と排出をします。クリニックによって異なりますが、大体30〜40分の間にこの注入と排出を繰り返していきます。

 

スポンサーリンク

 

腸内洗浄によって腸の動きが変わる?

このように腸の内壁にこびりついている汚れなどを洗い流すわけですが、おそらく次の疑問が湧いてきませんか?

 

腸の動きを止めるのではないか?
腸の本来の動きが変になったりしないか?

 

これは模範的な動きをしてあげることで、腸本来の動きを取り戻すために行っているわけですから問題ありません。

 

腸内洗浄の目的は、腸の蠕動運動を促して自ら排便するという能力を取り戻すというわけです。

 

腸内洗浄をしてくれるクリニックでは、ゆったりとした個室で女性のスタッフが対応してくれるところがほとんどです。
男性スタッフが対応するとなると、ちょっと抵抗しますよね?女性スタッフであれば、安心して来院できます。

 

女性スタッフが様子をきちんと確認しながら注入と排出を行ってくれるので、リラックスして寝ているだけで腸内洗浄の流れは終わりです。

 

もちろん人の手を借りて温水を注入していくわけではありません。
すべて最先端の技術を取り入れた機器で自動的に行われるので、安心して受けられます。

 

スポンサーリンク