病院で行われている腸内洗浄の方法

腸内に溜まった頑固な宿便を自然の力で出すのが困難であれば、最終手段として病院に駆け込む患者がいらっしゃいます。
腸内を洗浄する方法には、現在2つの種類があります。

 

ここでは、病院で行われている腸内洗浄の方法について説明しています。

 

スポンサーリンク

腸内洗浄で取り出す方法

肛門から専用の薬(グリセリンなど)を入れて腸の中にある宿便を出し、温水で洗い流します。浣腸と似ていますが、もっと長いチューブを挿入することになります。
別名高圧浣腸とも呼ばれることもありますが、病院によって、腸のどこまでのチュープを使うかはいろいろです。

 

薬剤を用いず温水だけで行ったり、腸内洗浄用のコーヒーなどもあるらしいです。
何を使って腸内洗浄をするかについては、きちんと説明があのますので、安心してください。
美容外科などで、美肌目的で使われる治療法の一つです。
ちなみに、海外のセレブでも「コロン・ハイドロセラピー」と呼ばれた腸内洗浄で人気が高いと言われています。

 

 

下剤で取り出す

薬物である液体状の下剤を服用し、自分で排泄する方法もあります。腸管に腫瘍などの大きな病気がないことを確認し、大腸カメラで検査をしてから行います。
カメラを見ながらと同時に腸内洗浄をする病院もあります。

 

下剤で、宿便を押し出す方法では、1リットルの冷水に溶かした下剤を、約30分から1時間かけて一度に飲み干します。1時間くらいして、排便がありますが、回数はその人の腸の働きによってまちまちです。
便は最初は濃い色をしていますが、最後は黄色の水のようになります。この状態までいくと、腸管はきれいに洗浄されています。

 

ここまでで約5時間前後かかります。
副作用的な症状として腹痛・悪心・嘔吐があり、その時には中止することが望ましいです。これで、自力で腸壁についた宿便や老廃物をキレイに押し流すことができます。

 

その後ビフィズス菌などの摂取を積極的に行う必要があります。
これは、宿便とともに腸内に必要な善玉菌も流してしまうからで、その習慣を続けることで、宿便をためずに済むことでしょう。

 

 

さいごに

以上のように2種類の治療法がありますが、宿便を出すと言うよりはひどい便秘に悩む方に用いられる治療法の一つです。
一般治療では、内科や胃腸科での対応です。

 

女性にとっては、美肌やダイエット目的で全国の美容外科などで腸内洗浄の施術を受ける方が多いです。
腸内洗浄ではなく、「コロン・ハイドロセラピー」と言えばの聞こえも良いですし、美肌やダイエットが成功した方も多いです。

 

料金は、下剤では3,000円くらいからで、腸内洗浄の場合、15,000円からが相場となっています。
いずれも保険適用外の料金となっていますが、宿便を出すにはてっとり早い方法と言えるでしょう。
宿便をキレイにしようと、サプリメントを長年飲む必要がありますが、病院ですっかりと腸内洗浄や下剤を使うのも一つの方法です。

 

スポンサーリンク